特許技術

​​リブートエアー(※01)に搭載されている特許技術とは日本製鉄
株式会社製の「エコチターニャ」(※02)という酸化チタン板で、
宇都宮大学発ベンチャー企業の有限会社 マロニエ技術研究
所と共同開発されたものである。
頭表示.png
​​エコチターニャの特徴
​光触媒粉末
 バインダー 
酸化チタン被膜
 金属チタン材 
基材
一般的な光触媒は基材に対して
粉末の光触媒が施されたもの
・金属チタン材は空気に触れると極薄い(0.0005μm)酸化被膜
 を形成する。これは不働態被膜と呼ばれ、耐食性、密着性、
 耐候性を有し、加工性にも優れている。
・エコチターニャは特殊処理によって光触媒活性の​高い酸化
 チタン被膜を生成することに成功したもの。

酸化チタン板(エコチターニャ)の寿命は半永久的

頭表示.png
​​エコチターニャの表面
表面を拡大すると、凹凸が大きい事が見て取れる
これにより反応面積が大きくなる
5,000倍
10,000倍
頭表示.png
洗浄装置及び浄化方法
特願 2017-136661
光触媒ユニットの内部構造
​(円筒構造:中心にUV-Cランプ)

紫外線ランプで強力除菌

光触媒で素早く脱臭

body_cell4_macrophage.png
bug_zourimushi_edited.png
綺麗な空気②.png
※01 リブートエアーはマロニエ技術研究所の登録商標(出願中)
​※02 エコチターニャは日本製鉄株式会社の登録商標