​ウイルスの不活化

​​国立病院機構仙台医療センターにて実証試験を実施し
浮遊インフルエンザウイルスの99.9%の不活化を実証
頭表示.png
RA-05 浮遊インフルエンザウイルスA型の不活化効果
図 25㎥ 20℃ 15%RH の環境下で検証
感染価相対比 [-]
経過時間 [min]

低湿度下においても

​強力な除菌効果を発揮!!

家族の時間
頭表示.png
RA-03 浮遊インフルエンザウイルスA型の不活化効果
図 25㎥ 20℃ 20%RH
感染価相対比 [-]
RA-03 感染価相対比グラフc.png
経過時間 [min]

・1時間経過時に90%減少

・2時間経過時に99%減少

​・ワンパス不活率95%

※ワンパスとは1回の通過のことです。

 リブートエアーを1回通過しただけで、浮遊ウイルスの

 ​95%が不活化するという結果が実証されています。

頭表示.png
RA-02 浮遊インフルエンザウイルスA型の不活化効果
図 0.12㎥ 20℃ 50%RH
感染価相対比 [-]
経過時間 [min]
頭表示.png
RA-01T インフルエンザウイルスA型の不活化効果
笑顔の食事

全ての機種において

ウイルスの不活化を実証!!

図 0.12㎥ 20℃ 30%RH
RA-01Tグラフb.png
経過時間 [hr]
笑顔の赤ちゃん
大切な人たちを守れる空間に